アトピーについて

子供の皮膚病の大半を占めるアトピー性皮膚炎ですが、大人になるにつれて自然とよくなったりするケースもあるので油断している方も多くいらっしゃるようです。アトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥、かゆみを伴う湿疹が特徴である病気で、乳幼児期に発症するケースがほとんどです。成長とともに自然に良くなるケースであればいいのですが、最近では大人になって再発したり、重症化してしまうようなケースも多くあるようです。アトピーの原因としてはフィラグリン遺伝子の異常であるということが言われています。フィラグリンは皮膚の水分保持を行う天然保湿因子の元となる物質で、その遺伝子異常のためにアトピーの発症が起こりやすくなるとされています。

天然保湿因子のもととなるフィラグリン遺伝子の異常により水分保持力が損なわれると、肌が本来持っているバリア機能が損なわれてしまいます。すると水分が失われてしまい、皮膚が乾燥し外部刺激から肌を守ることが難しくなります。それに加え、アレルゲンが皮膚を通して体内に侵入することによって、アレルギーを引き起こしやすくなってしまいます。アトピー性皮膚炎を改善していく上でも肌の保湿ケアはとても大切です。もし外用薬が処方されているという場合でも市販の保湿クリームを日頃から塗ることは効果が期待できますし、外用薬の処方が無い場合はなおさら自分に合った保湿クリームを普段から使い、肌のケアを行うことが大切です。

肌の保湿ケア

健康な肌は角質層に20~30%の水分を含んでいます。理想的な肌の水分量は40%と言われており、年齢とともに肌の水分量は減少していくため水分量を意識的に上げていく肌のケアが大切です。肌の水分量を上げるためには、水分が蒸発しにくい肌を作ってあげることが重要となります。肌の潤いを保つために重要な役割を担っているのは皮脂、天然保湿因子、細胞間脂質の3つです。その3つを正常な状態に保つということを意識し、その中に水分をたっぷり蓄えられるようにすることが大切です。

 

 

最も保湿に効果があるとされている方法としては、細胞間脂質の主成分であるセラミドの補給があります。角質層の水分の約80%は細胞間脂質に含まれており、その主成分であるセラミドは約40%を占めます。ですのでセラミドを補給することで、肌の水分量アップに大きな効果を期待できます。セラミドは肌が自ら作り出す保湿物質なのですが、加齢、紫外線の影響など様々な要因によりセラミドを作り出す力は弱まってしまいます。

また、洗顔をしっかりするということを心がけたり、化粧水を付けるときに手ではなくコットンを使うことを意識したり、適度なフェイスマッサージなどを普段から行うことも肌の保湿ケアにはとても大切です。

肌の保湿の大切さ

女性の方の中には普段から肌のケアについて意識されているという方も多いと思います。それでも様々な肌のトラブルに悩みがあるという方もいらっしゃるでしょう。肌のケアについては知識を持っていないと、逆にその努力があだとなってしまい、肌トラブルの悪化を招いてしまうケースもあるのです。また、男性の方の場合、肌のケアに関しては全く意識したことがないという方も多くいらっしゃるかもしれません。しかし、アトピー性皮膚炎など肌の病気については男女関係なく起こるものです。ご自身やお子様の肌の健康を考える上で、肌のケアについて知っておくことはとても大切です。

健康な状態の肌には20~30%程度な水分量が含まれており、理想的な状態ですと実に40%もの水分量が含まれていると言います。このような肌の水分量を保つためには普段の規則正しい生活を心がけることはもちろんですが、肌に良い栄養素などの理解もとても大切です。どのような成分が肌の健康、保湿に有効なのか知っておく必要があるのです。

また、アトピー性皮膚炎においても肌の保湿というのは重要なキーワードとなります。肌の保湿を意識したケアをすることで症状の改善や予防が期待できます。保湿クリームなどを使った日頃のケアがしっかりと出来るのかどうかという部分は、症状の改善に期待出来るかどうかにおいて大きく関わってきます。当サイトでは肌の保湿の大切さについて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。