アトピーについて

子供の皮膚病の大半を占めるアトピー性皮膚炎ですが、大人になるにつれて自然とよくなったりするケースもあるので油断している方も多くいらっしゃるようです。アトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥、かゆみを伴う湿疹が特徴である病気で、乳幼児期に発症するケースがほとんどです。成長とともに自然に良くなるケースであればいいのですが、最近では大人になって再発したり、重症化してしまうようなケースも多くあるようです。アトピーの原因としてはフィラグリン遺伝子の異常であるということが言われています。フィラグリンは皮膚の水分保持を行う天然保湿因子の元となる物質で、その遺伝子異常のためにアトピーの発症が起こりやすくなるとされています。

天然保湿因子のもととなるフィラグリン遺伝子の異常により水分保持力が損なわれると、肌が本来持っているバリア機能が損なわれてしまいます。すると水分が失われてしまい、皮膚が乾燥し外部刺激から肌を守ることが難しくなります。それに加え、アレルゲンが皮膚を通して体内に侵入することによって、アレルギーを引き起こしやすくなってしまいます。アトピー性皮膚炎を改善していく上でも肌の保湿ケアはとても大切です。もし外用薬が処方されているという場合でも市販の保湿クリームを日頃から塗ることは効果が期待できますし、外用薬の処方が無い場合はなおさら自分に合った保湿クリームを普段から使い、肌のケアを行うことが大切です。