肌の保湿ケア

健康な肌は角質層に20~30%の水分を含んでいます。理想的な肌の水分量は40%と言われており、年齢とともに肌の水分量は減少していくため水分量を意識的に上げていく肌のケアが大切です。肌の水分量を上げるためには、水分が蒸発しにくい肌を作ってあげることが重要となります。肌の潤いを保つために重要な役割を担っているのは皮脂、天然保湿因子、細胞間脂質の3つです。その3つを正常な状態に保つということを意識し、その中に水分をたっぷり蓄えられるようにすることが大切です。

 

 

最も保湿に効果があるとされている方法としては、細胞間脂質の主成分であるセラミドの補給があります。角質層の水分の約80%は細胞間脂質に含まれており、その主成分であるセラミドは約40%を占めます。ですのでセラミドを補給することで、肌の水分量アップに大きな効果を期待できます。セラミドは肌が自ら作り出す保湿物質なのですが、加齢、紫外線の影響など様々な要因によりセラミドを作り出す力は弱まってしまいます。

また、洗顔をしっかりするということを心がけたり、化粧水を付けるときに手ではなくコットンを使うことを意識したり、適度なフェイスマッサージなどを普段から行うことも肌の保湿ケアにはとても大切です。